« 2010年6月 | トップページ | 2011年10月 »

GIBO第2弾

Mari4302 前回に 義母さんの話を書きました。義母さんの話は 尽きなくって 今回も そのお話です。こんな事ってあるの?

一年の行事って 子供が生まれたら たくさんありますよね~^^ちょっとあげてみますね。

  • 一月・・・お正月 家族が集まって 年始の挨拶
  • 二月・・・節分の日
  • 三月・・・お雛さん
  • 四月・・・(入学式など)
  • 五月・・・こどもの日 母の日
  • 六月・・・父の日
  • 七月・・・七夕
  • 八月・・・お盆 夏休み
  • 九月・・・敬老の日
  • 十月・・・いい夫婦の日
  • 十一月・・何も無い
  • 十二月・・クリスマス・年末

こんな感じで 家族で行事をする月は 色々とあります。まぁ 子供は たくさんの行事で楽しくって仕方がありません。もちろん 親の私たちも お財布の紐を 締めながら 楽しく過ごしたい いい思い出にしたいと 思う気持ちで 過ごしますよね。

でも 義母さんたちは 一向に 孫が生まれてにもかかわらず 音沙汰なしimpact一年の始まりの お正月さえ 通常通りです。これは 仕事をしてるせいもあるんですが・・・一段落しても 関係なしなんです。近くに住んでる私たちにも 何の関係も無いようなんです。特に 孫がいるのに・・・今は 一番可愛い時期なのに 近くにいながら 顔も見に来ないんです。生まれる前は 女の子がいい 育てやすいなんて言ってたのに・・しかも 初孫なのに・・・。どうゆうこと?

こんな感じなのに 自分たちが 関係ある 母の日や父の日 最近では敬老の日近くには 孫に会いたいなど 都合のいいことを言ってきます。孫には 1歳の誕生日のお祝いを 息子に言われたから 仕方なく お祝いを渡したと言ってもいいほどです。

こんな旦那の親なんで 近くにいても いなくても 関係ない!と思い 未練なく私たちは 結婚する前の約束で 私の実家の近くへ引越しを決めました。(秋には 引っ越せる予定です。)

その報告をしに この間 家族三人そろって だんなの実家へ行きました。仕事が終わって 二人ともいてる時間帯なんで 夕方に行き すぐに帰ろうと思っていました。しかし 娘が大泣きし 旦那が親に報告すると 「私たちの近くにいてほしかった」と言うんです。

私は 開いた口がふさがらなかったです。今まで 近くにいたのに 孫の顔もあまりに見ないで 今度は 自分たちの世話をしてもらおうと思っているのか?

本当に 信じられません。あんな年の取り方は したくないですね。

今回 娘の誕生日がもうすぐなんで このまま こっちから なんのアクションもとらないで おこうと思います。どう反応してくるのか 楽しみにしてます。

私の 本心は もう 義母とはかかわりたくないですね。早く 引っ越したい!

| | コメント (0)

GIBO第一弾

Me5186 あぁ~sweat02どうして そうなのか?

今まで 結婚して もうすぐ7年が 経ちます。これは 義母の話です。私の愚痴です。共感してくれる人がいるかしら?

 今 住んでるところも同じ市内だし 自転車で 簡単にいける距離に住んでいるんですが・・私も 結婚してて 仕事をしてたし 義母も仕事をしてるので 近いけれど頻繁には会わないし 何かの 行事には 私のほうから 連絡や 挨拶に夫と一緒に行ってましたが・・・義母は あまり 周りとは コミュニケーションをとるのがいやらしく 私も電話連絡をしなくなってきました。なんだか だるそうだし 電話も取るのも めんどくさいようなので もう夫通じての やり取りに変え、もちろん 年頭の挨拶は ちゃんと行ってました。

でも 日が経つにつれて 変わってきましたね~^^お話しするのは するんですが・・・・どうもめんどくさがりなんです。これも 呆れてしまうほど・・・料理は出来るのに しない。義父さんが 料理人の為 一切しないし もちろん 部屋のお掃除まったくしない。しかも 布団を引きっぱなしと きたもんです。

それだけではなく 自分中心だし まるで 親と思ってない行動が 目につきます。やはり 夫の幼少時代も 傍から 話を聞くといい母親ではないようです。自分中心なんです。そして 食べ物には 執着心があり 目の前では 一緒に食べたくありません。だって 囲うようにして 自分のものを食べて その食べながらも 前の人の分を狙ってるのですよ~^^。呆れてしまいます。

そして 今までの 毎年恒例の父の日 母の日には 父の日に 本当は お酒がよかったんですが 義母さんに聞くとビールにして~と 言われたようで そのまま ビールと プレゼントを持って 家に行きました。そのときは 義父さんは いらっしゃらなく 義母さんのみでした。

その義母が 待ってたかのように 私たちが持っていった ビールをいかにも自分が もらったかのように 目の前であけて 飲みはじめました。これでも かなり度肝を抜かれるんですが・・・一人で 飲んで 挙句の果てに 「ぬるいわ」ですよ~impact そんなことになってるのに 旦那は 何も言わず・・・本当に 情けなくなりました。・・・というより 信じられない。持ってきて 当たり前?感謝なんて きっとして無いでしょう。

信じられます?私たちよりも 年上なんですがね~^^。

まだまだ たくさん 義母の話はあるんですが・・・この話は 第一弾として アップします。次回を 乞うご期待!

なんだか また 思い出したら むかむかして来ました

早く引越ししたい今日この頃です。

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2011年10月 »